2018年6月22日金曜日

5月の公園

5月の公園

いよいよ一年で一番華やかな季節です。
草花や薔薇など暖かい日差しを浴びて春を謳歌しています。


メイン花壇は
パンジーをはじめ色とりどりの花が咲いています。
シロタエギクも相変わらず元気です。

角コンテナも
ネモフィラが元気よく咲いてきてパンジーと一緒に
角コンテナも満開で元気です。

南側入り口
工事現場との境界に植えたネモフィラも元気で
以前からあったネペタも相変わらずですね。

東側花壇
去年から残っているナデシコと咲き終わった球根の葉が
賑やかなアクセントになっています。

芽衣
駐車場の入り口のバラです。
ローズマリーの脇でびっしりと咲いています。

雪あかり
駐車場東側の白いバラ。
思いきって剪定しましたが今年も元気です。

バレリーナ
駐車場南側の一重咲きのバラ。
いつまでも咲き続けています。

フェンスのツルが
工事の関係でしょうか、南側フェンスのツタが・・・。
簡単には戻すことができません。




2018年6月21日木曜日

4月・補植

二度目の補植

ぷらっと公園の植栽のあまった苗を植えました。
ちょっと寂しかった掲示板下など、賑やかになりました。

掲示板の下
欲しかったクリスマスローズです。
大きくなるのが楽しみです。

葉のきれいなものも
ギボウシやヒューケラの葉がキレイなものやアスチルベなど
この公園には無かったうれしい苗です。

入り口の脇も
いつも雑草に負けている看板周りも
キレイにしてちょっと派手めに化粧直しです。


工事場との境界
電信柱が建てられたところですが少し綺麗にしようと
ネモフィラやユキヤナギを植えました。

メイン花壇
3月に補植した花壇は相変わらずパンジーが頑張って
最後の一輝きです。

角コンテナも
角コンテナも補食したネモフィラなどが加わり
満開の様子です。

南花壇
南花壇も暖かくなっていろいろな芽が動き出しています。
これはユリの芽です。

メグスリノキ
樹々も芽が伸びて花を咲かせています。
目立たないけれどメグスリノキの花です。

バラの芽に
バラもいよいよ咲き始めます。
虫たちも待ち遠しかったでしょう。



4月・ぷらっと公園

ぷらっと公園

武蔵小金井の北口西側に新しい公園ができました。
他の公園の花ボラの皆さんと一緒に
花苗の植え込み作業をしました。

両側から一気に
人数が多いと植え込みもどんどんはかどります。
宿根草や一年草などいろとりどりです。

アメジストセージなどを
アメジストセージやベゴニヤ、ツルものなど
多彩な顔ぶれです。

道路側は
道路側の小振りの花壇のほうは
アルケミラモリス、マリーゴールドなどカラフルです。

高架下
高架下は日陰に強い大小の樹が。
裏側は店舗の車の出入り口です。

フェンス
フェンスは給水用のパイプが配置され
蔓植物で一面に覆われています。

プラットフォーム
プラットの意味は線路とプラットフォーム、
そしてぷらっと遊びに来てね、という意味だそうです。

全景
小さな公園ですが、買い物のついでにぷらっと寄れる
子どもも遊具で遊べる楽しい公園です。



2018年3月28日水曜日

春の花

花壇の周辺にも

花壇の周辺にもいろいろな花が咲いています。
ちょっと気がつかない場所にもあれ!と。

アキニレの樹の根元に
樹の周りに一番最初に咲き出すのはクロッカス。
咲き始めると春が来たと実感します。

そしてムスカリも
意外な場所からニョキニョキと頭をもたげています。
花壇ではなく草むらの中も良い感じです。

こちらはビンカミノール
公園の東側、エノキの周辺にびっしりと咲いていました。
ちょっと目立たない場所ですがやっと広がってきました。

スミレも
草むらの中を覗いているとあちこちに咲いていました。
ちょっと探してみないと判らないかも。

ハナニラ
少し日陰の場所に群落を作ります。
青や白い花もありますね。

水仙1
アキニレの根元、クロッカスの次は水仙です。
オレンジと白が良い感じですね。

水仙2
こちらは黄色と白。おとなしい感じですが
なかなか雰囲気があります。

水仙3
南花壇には毎年咲く黄水仙の他に
こんな可愛いのが今年初お目見えです。

今年もヘレボラス
東花壇の隅に今年も咲き始めました。
原種系なのでちょっと変わった形です。

隠れた桜並木
鍵のかかった柵の中、刈り取った草を入れる堆肥場の奥、
我々メンバーだけが楽しめる贅沢なお花見処です。




補植

春の補植

雪で被害を受けた苗や足りない場所に補植をしました。
元気になったパンジーの間にネモフィラやワスレナグサを。

ずいぶん元気になりました
暖かい日が続いたのでみんな元気いっぱいです。
花がら摘みでとてもキレイに見えます。

工事場の場所にも
仮の囲いの場所ですがネモフィラをいっぱい植えました。
ちょっと電信柱が邪魔ですけどね。

角コンテナも
ちょっと寂しかったコンテナですが
隙間無く補植をしました。

赤系のパンジー
コンテナ毎に花の色を変えています。
単調にならないよう、こちらは赤系統です。

黄色いコンテナ
こちらは黄色一色、他のコンテナより元気で
盛り上がるように咲いています。

ヒヤヒンスも満開
パンジーの間に植えたヒヤヒンスも
ちょうど満開になっていました。

子供たちが楽しみにしていた
子供たちはチューリップが大好きです。
やっと一輪咲いたのを見つけて喜んでいました。

大切な水やり
陽当たりが良いので土がすぐ乾いてしまいます。
キレイに保つには花がら摘みと水やりはかかせません。



2018年3月12日月曜日

2月の花壇

大雪を乗り越えて

いろいろ大変な天気を乗り越えた花壇の花たち。
植物はほんとに丈夫ですね。

落ち葉のベッド
冬の間は寒さと乾燥を防ぐため落ち葉を掛けておきます。
これであの大雪も乗り越えたのですね。

丸コンテナは水やりが
一日中陽の当たる丸コンテナは乾燥しやすく
冬でも水やりが欠かせません。

角コンテナ
冬の花はなかなか大きく育ちません。
少し数を増やした方が良いかも。

先生のお話を守って
先月のバラの剪定を参考にみんなでやってみました。
まだまだ整理しても良いのかナ。

区画整理の影響で
南花壇の東端が工事で裸になりました。
電柱も立てられて、さてどうしましょうか。

公園南側の工事
道路の歩道工事が進められています。
あぁ公園の敷地が少し広くなるのですね。

雨水タンク
水がちょろちょろと出ているだけで使いにくかったのですが
実はモーターが付いていました。
そのお陰で水やりにも十分使えるようになりました。




1月・バラの剪定

バラの剪定

今年もバラの剪定講座を行いました。
樹医師でもある鳥山直樹さんが講師です。

大勢の参加者が
今年も貫井北の植栽講座の皆さんが参加されました。
先ずは先生の基本講義です。

ずいぶん繁っていますね
サンプルになったバラの状況を解説してもらいます。
全体の剪定方法を教えてもらいました。

これから咲く芽が・・・
ここにある芽が大切なんです。
どれどれと皆さんのぞき込みます。

この太いのは・・・
数年経った古い幹は思いきってノコギリで切ります。
わぁもったいないと生徒さん。

皆さんもやってみてください
そういわれてもなかなか思いきってできません。
おそるおそる鋏を入れる生徒さん。

てきぱきと
さすがに先生はどんどん作業を進めます。
スカスカになりますが先生は「これで良いんです」

紐の結び方は・・・
こういうふうに結ぶとほどくのも簡単です。
と言われてもなかなか旨くいきません。

まぁスッキリと
毎年こんなに枝を整理するのですね。
残りのバラは我々でがんばります。